「お家のクローゼットをショップ風にアレンジ」

整理収納アドバイザー 田中珠美さんのコラムです。

今回のテーマは「お家のクローゼットをショップ風にアレンジ」 

ショップに洋服を買いに行くと、ワクワクする🎶感覚ってありますよね。

素敵な洋服やアイテムが整然とディスプレイされていて、つい手にとって鏡で合わせて見たくなる。

 では、お家のクローゼットはどうでしょう?手にとって見たくなりますか?

お家でも、ワクワク感が味わえたら楽しいと思いませんか? 

我が家は6帖の部屋ひとつを、まるごとクローゼット部屋にしています。

 1ヶ所に集中させているので、把握がしやすく、出掛ける時にも慌てなくてすむのが1番のメリットです。

 今回、我が家では、お部屋をショップ風にアレンジしてみました。具体的な進め方は?


 ①憧れのショップをイメージする。こんな風にしたいな~と漠然と好きな写真などでイメージを湧かせる。

 ②具体的にイメージを膨らませる。・壁の色はグレーにしたい・棚に服をたたんで並べたい・服をコーディネートする壁がいる・イヤリングなども飾りたい   などたくさんありますね・・・

 ③見本となるイメージと比較して何が足りてて、何が足りないか?具体的に考えて行動してみる。 

始めに、壁紙から取りかかりました。最近では、壁紙の裏がシールになっていて剥がすだけで張ることができる優れものもあります。部屋全体となると少し大変ですので、一面だけを変えてみる事に。一面だけでも全体の雰囲気はかなり変わります。

 次に、以前雑貨を飾っていた棚を移動して、Tシャツ類をたたんで並べて見ることに。お気に入りの靴下やバッグも一緒に。 

普段よく着る、真夏~オールシーズンの服をハンガーラックに掛け、他は引き出しに収納。 壁際にあったテーブルをショップ風に、部屋の中央に移動しました。イヤリングなどのアクセサリーは、アンティークの額に並べてテーブルの上にディスプレイ。 コーディネート出来るように、壁にフックを取り付けて完成です。

pointは!バッグや雑貨はなんでも飾ると、ごちゃついたイメージになるので、見せたいもの以外は収納する。雰囲気の演出できるものは残す。といったように、メリハリをつけます。 

クローゼット=もの入れではありません。必要な服をサッと取り出せて、サッと戻せるには、何年も着ていない服はキチンと手放していくこと。 肌ざわりや、デザインなど自分が手に取りたくなるモノをキチンと選んで、ショップの様にワクワクする部屋にすると、暮らしはより楽しくなりますよ。 これからも、暮らしを楽しむヒントをお伝えします。

 お片付けレッスン下関うちカフェぐらし

整理収納アドバイザー 田中珠美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です