三宅商店カフェ工房 地元フルーツを使ったジャム

趣きのある景観の建物が建ち並ぶ岡山県倉敷市の「美観地区」。

その中に江戸時代後期に建てられた町家で営業している、「三宅商店」というカフェがあります。

 

趣のある城下町を散策して、少し歩き疲れて休憩したい時には、 日替わりで販売している
「手作りケーキセット」や季節毎に種類が変わるパフェや、ランチには「三宅カレー」という「特性カレー」が人気です。

倉敷に行かれる際はぜひ、行ってみてください!

そこで、お持ち帰りとして販売されているのが、特性ジャム。

ジャムづくりのはじまりは、カフェで販売しているパフェ。15軒の地元生産農家から届く旬の果実をたっぷり使った季節のパフェ。

そのパフェに使うアイスやフルーツソースはすべて三宅商店で手作りしています。季節に合わせて生産農家とともに作ってきたパフェのコンセプトをそのまま受け継いだジャム。

ジャムに使用している果物は、地元農家の手によって愛情たっぷりに育てられたもの、形が不ぞろいなものを無駄にせず、旬を見替えた果物を余すことなく加工したジャムは絶品です。

 

そんな、ジャムを当店でも販売させていただけることになりました。

こちらは、2種類の味が楽しめ、飾っておいてもおしゃれ!

ラベルもシンプルでレトロな雰囲気です。

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です