中川政七商店の蚊帳生地ふきん

奈良に102年続く老舗、中川政七商店。

 

奈良晒と呼ばれる、奈良特産の高級麻織物の卸問屋からはじまり、時代の波を乗り越え、ものづくりを続けています。

今は、日本の工芸を元気にするため、変化をいとわず進み続ける中川政七商店。

 

そんな「ものづくりの心得」は

1つめは、ものとして丁寧であること

2つめは、使い手にとって丁寧であること

3つめは、つくり手が誇りをもっていることです。

もの、使い手・つくり手という3つの視点から生まれた言葉。

そんな、ものづくりを象徴する商品が、花ふきん。

この花ふきんには、奈良の特産品である蚊帳生地を使っていて、目が粗いので

吸水性がよく広げて干せばすぐに乾きます。

1つひとつの色には草花の名前がついています。

食器拭きはもちろん、出汁をこしたり、野菜の水けをきったり。

フレキシブルに使えるデザイン。使うほどに手になじむので、育てるような楽しさも感じられます。

また、縫製は、すべて職人による手縫いなのです。

熟練の職人さんの手仕事は、速くて丁寧で丈夫、美しい仕上がりです。

 

そんな、中川政七商店のふきん、新柄は何点か、入荷しております。

ぜひ、お試しくださいませ。

  

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です