岡山児島のテキスタイルメーカー’SETTO’

国内外ブランドへの素材提供で知られる岡山県・児島のテキスタイルメーカー
’SETTO’について紹介します。

素材の開発からがデザインと捉え、テキスタイルの企画・販売で得たノウハウをもとに
糸・生地・色・形にこだわった商品を、「SETTO」というブランドを通じて、この瀬戸内海の町から提案します。

服を永く付き合うパートナーと考え、
生活することを軽く見ない、そこにこそ驚きや発見の喜び、楽しさを見つけようとする姿勢を貫きたい。
本質を重んじ、ひとつの妥協も無く、ただ実直にものづくりを続けています。

ジーンズの生産地で有名な、岡山県の南部にある「児島」。

もともとは島であり、戦国時代から進められた干拓によって江戸時代後期に半島となりました。

木綿の生産が中心で、木綿の製織や縫製の技術は足袋・学生服・作業服を経て

まだ日本では生産されていなかったジーンズに行き着き、今や国内外から注目される生産地となっています。

ニーズに合わせて柔軟に変化を遂げた「児島」は、服づくりに必要な製織・染色・縫製・加工を行う環境が十二分に整っています。
その場所で「SETTO」は生まれ、育ち、今も成長しています。

そんなこだわりを強くもつSETTOのボトルネックスエットが入荷しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です