アクセサリーフェア 実店舗にて開催

1月24日(金)より

    作家さんたちの  アクセサリー展 開催

 

冬のニットにも、春のお洋服にも合う、素敵なアクセサリーがたくさん届いています。

 

「RICCO」 さん

「豊か」という意味をもつ「RICCO」。

身に着けることで、心豊かになれる シンプルで さりげなく魅力的なアクセサリーです。

なお、いい素材を厳選されて製作していますので、見た目にもお肌にも優しいアクセサリーです。

主に使っている素材は、

14KGF(ゴールドフィールド)・・・

メッキの100倍の厚さの14金プレートを圧着しており、変色したり剥がれたりしにくいのが特徴。

アレルギー症状も出にくいです。

Silver925 ・・・

925は銀の含有率(純度)で、92.5%のシルバーと、残り7.5%は、銅などの金属。

シルバーはとても柔らかく、アクセサリーには不向きなため、銅などの金属を混ぜ、合金にします。それによって銀は強度を持ち、アクセサリーとして使える堅さになります。

Brass(真鍮)・・・

真鍮、ブラス=黄銅のことをいいます。

銅と、亜鉛の合金になります。

他にも 天然石 や淡水パール  なども使用しています。

素材にこだわって作られた繊細なアクセサリーをお楽しみください。

「Plying 」 さん

”plying(プライング)=ply(積層)+~ing”

木とアクリルという身近な2つの素材を積層することで新しい素材感、美しさをもった、

plyingのアクセサリーが誕生しました。
木材の素朴な風合いとアクリルの透明感、2つの表情をもった新しい素材感のアクセサリーです。

POPなデザインから、シンプルなものまで、シーンに合わせて色々揃っています。

透明感と存在感のあるアクセサリーです。

素敵な新作も届いています。

「chamu chami」さん

下関にある人気のお花屋chocoleさん の奥様が作るお花を使ったアクセサリー。

お花やさんならではの発想の素敵なアクセサリー。

お花は全て、生花から加工したものなんです。

’繊細で愛らしいお花を見るたびにホッとする気持ち’

そんな気持ちをアクセサリーで表現できたらなとひとつひとつ気持ちを込めて作っています。

生花ならではの風合いで、上品さもあります。

 

「liita shoko」さん

布を染めて、アクセサリーを製作されています。

白い生地や材料をカットし、染色を施し、1枚1枚組み合わせて色々なカタチを作ります。

染料の作業はとても奥深く、染める際は何色もの染料を混ぜ合わせ、そのときにイメージする色を表現していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です