春財布

財布は、長年使いボロボロになったり 形が崩れてしまうと、財布自体のパワーがなくなってしまうとも言われていますね。

風水で見ると、財布は3年で新しいものに変えると良しとされていて、 特に春財布は縁起が良く金運も舞い込んでくるそうです。

春に購入する財布は「 春財布」と呼ばれています。

「春財布」はお財布がパンパンに「張る財布」と言われ、金運が上がって縁起がいいとされています。

特に新しい年の始まりには心機一転、新しい財布で金運アップを目指したいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

春とは、具体的にいつからかというと、

春の始まりは「新春」という言葉から分かるように、1月1日の元旦から。

そして春の終わりは、暦の上で夏が始まる日とされている「立夏」の前日までが春だといわれています。

次に、春財布を使い始める時期について説明します。

財布を使い始める日は、購入する日よりも重要だと言われているそうです。

「関係あるの?」と思われるかもしれませんが、結婚式をするなら大安がいいとか、お葬式の日は友引は避けるなど、人生の中でも大イベントは日柄を重要視しますよね。

お金の家である財布なので、使い始めのベストな日を知るのはとても重要ですよね。

そこで、財布を使い始めると良しとされている日は以下の通りです。

●大安
1年に約60回ほど巡ってくる
何事も上手く進む吉日。財布の使い始めや購入も良し

●一粒万倍日
1ケ月に4~7回程度巡ってくる
一粒のモミが万倍になると言われている日
1円が1万円になるまさに夢の日

●寅の日
12日周期で巡ってくる吉日
黄色という色から金運の象徴であるトラ
足も速いことから最速に金運アップできるかも

●天赦日
年に5~6度しかない吉日
何をするにも最善の日とされていて財布の使い初めにもいい日

財布を買い替えるタイミングだけでなく、どんな財布を選ぶかも大事です。

お財布に使われている素材は、本革で作られたものは、金運や運気を上げる効果があると言われています。
風水では、生き物の「気」や「生命力」の力が、お財布に宿ると考えられています。

当店で販売しているお財布を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です