使える「ラプアンカンクリ」のリネンサマーブランケット

フィンランドの老舗テキスタイルメーカー「LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)」の定番で、人気のリネンブランケット。

ベッドカバーやテーブルクロス、ブランケットなどいろいろ使えます。

使うほどにくったりと馴染んでいく経年変化も楽しめます。

この夏は「ラプアンカンクリ」のリネンアイテムで涼しい日々を過ごしてみてください。

Masters of linen(マスターオブリネン)の称号を持つフィンランドのテキスタイルメーカー「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」のリネンブランケットUSVA(ウスバ)。

1度洗いをかけているので、ふわっと柔らかい肌触りで、洗いこむたびにさらに柔らかさが増します。

爽やかなカラーのラインが特徴で、まさにこれからの季節にぴったり。

大きめで薄手のブランケットは、ベッドやソファ、テーブルクロスなど様々なシーンで活躍してくれます。

LAPUAN KANKURITについて

「ラプアの織り手たち」を意味するラプアン カンクリ。

その名の通り、フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町、ラプアに位置します。
辺り一面が真っ白な雪に覆われる長い冬と全てが輝く一瞬の夢のような夏。
そんな厳しいながらも美しい自然環境で、ラプアン カンクリのテキスタイルは日々織られています。

現在の経営者、エスコ・ヒェルトはテキスタイルの家業を引き継いで4代目。

「ラプアン カンクリ」という名の会社が設立したのは1973年のこと。
エスコの父がジャガード機を導入し、タペストリーの生産を開始。
エスコのリネン生産の専門知識に、パートナーのヤーナのマーケティング力が加わって
国際的に名高いテキスタイルブランドに飛躍しました。
そして現在、100年の間に培った専門性を生かし、
暮らしに寄り添うようなテキスタイルをラプアから世界に届けています。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です