stuio m’の食器

ナチュラルスタンダードでもお取り扱いしているstudio m’

お客様からこんな質問をされることがあります。

「縁の部分に半円形の釉ムラがあり、気になります…」

 

プレートやマグ等、色々な器に見られるこの部分は、

釉薬をかける際にできる、指の跡なんです。

 

studiomの食器はひとつひとつ釉薬を手作業でかけています。

釉薬が入ったバケツに、指で器を支えながら、器を潜らせていきます、

すると指で持ったフチの所が、釉薬がかかっていない状態になりますよね。

もちろん、ちゃんと釉薬がとかかるように、その部分には後で筆を使って釉薬を塗るのですが、

完全には馴染まない為、指で持った形(半円形)がそのまま跡となって残ります。

これは、手作りで器を作っているからこそ現れるもの。

実際にそういったことを知らない方も多く、ご説明をすると多くの皆様にご納得頂けます。

 

studiomの器に手作りの温もりが感じられるのは、こうした職人さんが手作業で仕上げて下さる工程が大きく関わっています。

味わいが生まれる傍ら、こうした「跡」も生じます。手作業だからこそ現れる、それぞれの器の個性として楽しんでいただければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です