タダフサの包丁  技術を受け継ぐ鍛冶職人が提案する暮らしの道具

新潟県三条市は1600年中頃から鍛冶専業職人が誕生し、鍛冶の町として栄えてきました。

そんな三条で、タダフサは創業当時より心を込めた手造りにこだわり、家庭用や本職用の庖丁をはじめ、蕎麦切り庖丁、漁業用/収穫用刃物などを日々製造しております。

会社の名を冠した「庖丁工房タダフサ」は、老舗の技をそのままに、今の暮らしにしっくり馴染む佇まいの庖丁。

和洋にとらわれない現代のライフスタイルに合わせてお楽しみいただけます。

堅くて腐りにくい栗材。
さらに、その栗材をタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木にしたものを
ハンドルに使用しています。
木材そのものの質感を残した抗菌炭化木は、
炭の一歩手前の状態にして菌が繁殖出来なくなり死滅してしまう木材です。
また刃の部分は、ステンレス並みのクロームや炭素、モリブデン、
バナジュウム等を含有する硬く粘りのある特殊合金を使用。
鋭い切れ味を保ちやすいのが特長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です